1. HOME
  2. 子どもが欲しい(妊娠する前の情報/不妊)
  3. ウェルカムベイビープロジェクト

ウェルカムベイビープロジェクト

埼玉県の不妊に関する総合的支援がスタートしました。

こうのとり検診推進事業(早期不妊検査費助成事業)

 対象者

次の3つの要件をすべて満たす方が対象です。

  • 申請時に法的に婚姻関係にある夫婦で、夫婦そろって不妊検査を受けた方
  • 不妊検査開始時に妻の年齢が43歳未満の夫婦
  • 夫婦の一方又は双方が、こうのとり健診推進事業実施市町村内に住民登録があること

 

 対象となる不妊検査

指定医療機関及び助成対象医療機関(※)において実施した、不妊症の診断のために医師が必要と認めた一連の検査。

  • 指定医療機関の場合、連携した医療機関(泌尿器科)が実施した検査も可
  • 医療保険適用・適用外を問わない
  • 検査開始の日から終了までが1年以内の検査
  • 夫婦1組につき1回まで

※医療機関についてはこちらをご参照ください

 助成内容

対象となる不妊検査の費用に対して2万円(千円未満切り捨て)を上限に助成します。

 申請先

お住まいの県内市町村で申請してください。
詳しくはお住まいの市町村へお問い合わせください。

こうのとり検診推進事業実施市町村一覧より)

不育症検査費助成事業

 対象者

次の4つの要件をすべて満たす方が対象です。

  • 申請時に法的に婚姻関係にある夫婦で、夫婦又は妻のみ不育症検査を受けた方
  • 不育症検査開始時に妻の年齢が43歳未満の夫婦
  • 2回以上の流産、死産、あるいは早期新生児死亡の既往のある場合、又は医師の判断がある場合
  • 夫婦の一方又は双方が、不育症検査費助成事業実施市町村内に住民登録があること

 

 対象となる不育症検査

不育症検査を行っている指定医療機関及び助成対象医療機関(※)において実施した、不育症のリスク因子を特定するのために医師が必要と認めた一連の検査。

  • 指定医療機関の場合、連携した医療機関(泌尿器科)が実施した検査も可
  • 医療保険適用・適用外を問わない
  • 検査開始の日から終了までが1年以内の検査
  • 夫婦1組につき1回まで

※医療機関についてはこちらをご参照ください

 助成内容

対象となる不育症検査の費用に対して2万円(千円未満切り捨て)を上限に助成します。

 申請先

お住まいの県内市町村で申請してください。
詳しくはお住まいの市町村へお問い合わせください。

不育症検査費助成事業実施市町村一覧より)

早期不妊治療費助成事業

埼玉県内で行っている特定不妊治療費の初回助成(治療区分C、Fを除く)を受けた方のうち、1回目の治療開始時に妻の年齢が35歳未満のご夫婦を対象に助成の要件を満たす場合、10万円を上限に上乗せ助成します。

※助成要件、金額は実施市町村によって異なります。
詳しくは、お住まいの市町村へお問い合わせください。

早期不妊治療費助成事業実施市町村一覧より)

2人目以降不妊治療助成

助成回数の上限が通算6回(または3回)→出生につき6回(又は3回)になりました。
不妊治療費助成を受けた後に出産し、新たに不妊治療費助成を受ける場合、出生後1回目の治療に対する申請を1回目として更に6回(新たに開始した治療開始日の妻の年齢が40歳以上の場合3回)まで助成します。
平成30年4月1日以降に終了した特定不妊治療が対象になります。

【注意】
出生後1回目の治療は初回拡充(30万円)の対象にはなりません。
*通算7回目(通算1回目の治療開始時の妻の年齢が40歳以上の場合4回目)以降の治療の場合、男性不妊治療は助成の対象にはなりません。
*「1人目を授かるために特定不妊治療を実施した方」及び「特定不妊治療費助成事業による助成を受けたことがなく、2人目以降の出生のために特定不妊治療を実施した方」につきましては、従来の特定不妊治療費助成事業が対象になります。

詳しくは、お住まいの県内保健所へお問い合わせください。