1. HOME
  2. 子どもが欲しい(妊娠する前の情報/不妊)
  3. 妊娠の仕組み、不妊・不育症

妊娠の仕組み、不妊・不育症

「赤ちゃんがほしい。でも、できない・・・」というあなたへ

あなたが 「どうしてなかなか妊娠しないんだろう」「そろそろ、どこかの医院、病院にかかった方がいいのでは」と考えていたら、ぜひ読み進んで下さい。

私たちは不妊カップル?

「もう3ヶ月も避妊をしていないのに、なぜ妊娠しないのだろう」と思うカップルがいる一方で、「一緒に住むようになって、まだ2年だから」と思うカップルもあります。

ふつう、避妊をしないで1年間妊娠しないときは、そろそろ検査をはじめたほうがよいと思われます。 もし、女性の生理が1年に数回しか来ない時、セックスのうまくいかないカップルの時は、もう少し早く診察を受けたほうがよいかもしれません。

どこへ行けばいいのですか?

はじめて産婦人科にかかる時は、どこに行ったらよいかわからないと思います。残念ながら、すべてのカップルに向いた場所はありません。まず、近くの医院、病院にかかるのもよいでしょう。また、不妊カップルがたくさん通っている専門の施設もあります。通いやすさや、医院、病院の雰囲気など、人によって向き不向きもあります。

男性も産婦人科で検査を受けられますが、治療が必要なときは、泌尿器科にかかることをおすすめします。それぞれの医療機関についての情報は、埼玉県のホ-ムペ-ジで得られます。また、埼玉県庁健康長寿課、最寄の保健所などでは、不妊治療を行なっている医療機関について、情報をお知らせすることができます(問い合わせ先は最後に書いてあります)。

どんな検査をするのですか?

女性では、子宮のかたちに問題はないか、卵管が通っているかなどを見るため、子宮卵管造影というレントゲン検査をします。また、排卵があるか明らかにするため、超音波検査や血液ホルモンの検査も行います。男性側では精液検査によって、精子が十分あるかどうかなどを調べます。これらの検査は、月経周期の時期によって、できるものとできないものがあるため、ふつう一度におこなうことは困難です。

なかなか妊娠しない時、女性と男性のどちらかに、または双方に原因があることがあります。したがって、カップル両者の検査をすることが必要です。また、卵管の検査など、設備を必要とする検査もありますから、かかった医院、病院でどのような検査ができるのか、聞いてみることも大切です。

どんな治療をするのですか?

不妊は、原因によって、治療が違います。また、原因がはっきりしないこともしばしばあります。通院して、卵巣を超音波で観察して、性交のタイミングをあわせるだけで、うまくいくカップルもあります。一方で、排卵誘発、人工授精、体外受精などの治療を必要とするカップルもあります。

治療の方針は、きちんとした検査の後で、はじめて決めることができます。担当の先生に、よくお話を聞いて、納得してから治療を受けるようにしましょう。きちんとした説明がない時は、あなたから聞いてみましょう。また、その医院、病院でどのような治療ができるのか、聞いてみることも大切です。より高度の治療が必要な場合は、きっと、転院すべき施設へ紹介していただけることと思います。

どのくらい通うのでしょう?

検査や治療の内容によっては、一回の月経周期の間に、何回も通院する必要がでてくることもあります。ですから、住所や職場の場所、交通機関や所要時間のことも考えて、通院する施設を決める必要があります。

健康保険は使えるのでしょうか?

健康保険の使える範囲は、医院、病院により多少違いがあります。けれども、通常の不妊検査、治療はすべて保険診療で行なっているところが多いようです。人工授精、体外受精などは、健康保険の対象となっていないため、全額自費負担となります。この場合、金額については、施設による差がとても大きいため、通われている施設で確認される必要があります。

女性の年齢と妊娠は関係がありますか?

年齢を重ねると妊よう性(妊娠する力)が低下するといわれています。(日本生殖医学会ホームページより)また、20歳代の女性と比べ、35歳以降の女性の不育症の割合や流産率が2倍以上に高まるというデータもあります。

不育症とは、2回以上の早産、死産、あるいは、早期新生児死亡の既往がある場合のことです。子どもが欲しいと思って、なかなか妊娠しない、出産まで至らないと悩んでいる方は決して少なくありません。不安な方は、早めに医療機関に相談することが大切です。

表 日本の出産女性と不育症例の年齢分布及び年齢別流産率

母体年齢 日本(2008)1)
(n=1,091,156)
不育症(※)
(n=2,361)
BMJ誌による
流産率2)
~19歳 1.4% 0% 13.3%
20~24歳 11.4% 1.1% 11.1%
25~29歳 29.1% 14.4% 11.9%
30~34歳 37.1% 33.8% 15.0%
35~39歳 18.4% 36.5% 24.6%
40~44歳 2.5% 13.3% 51.0%
45歳以上 0.06% 0.9% 93.4%

1) 日本(2008)のデータは、出産年齢の分布を表しています。不育症のデータは症例登録時の年齢です。
2) BMJ 320:1708.2000のデータより引用
出典:反復・習慣流産(いわゆる「不育症」)の相談対応マニュアル(平成24年3月発行)
(平成23年厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業))
※ 不育症の詳しい情報は、フイク-ラボ(厚生労働省研究班)のページをご覧ください。

治療をすれば必ず妊娠するのでしょうか?

残念ながら、すべての方が妊娠するわけではありません。妊娠する確率は、不妊の原因や年齢などによりさまざまですが、不妊検査をはじめたカップルすべてのうち、60%くらいです。

妊娠したらどうなるのですか?

妊娠したら、分娩のできる他の施設へ紹介する医院、妊婦健診のみを行い、分娩が近くなったら他へ紹介する医院、分娩まで自施設で行う病院など、施設の事情によりさまざまです。

分娩を他施設でされた時は、妊娠するまで通院された医院、病院へお知らせいただけると、きっと担当された先生ばかりでなく、他の多くの患者さんにとって大きな励ましになるでしょう。

もっとくわしく知りたいのですが

埼玉県の不妊治療の指定医療機関は、埼玉県庁健康長寿課のホ-ムペ-ジ上で調べることができます。体外受精などの登録医療機関は、日本産科婦人科学会のホ-ムペ-ジで知ることができます。また、最寄りの保健所では不妊についてのお問い合わせを受けています。

埼玉県不妊専門相談センタ-は、埼玉医科大学総合医療センタ-内にあり、不妊症や不育症に関する医学的・専門的な相談に専門医が面談形式でお答えします(電話にて予約 Tel:049-228-3674)。

また、不妊・不育症に関する電話相談として助産師がお話をお聞きします(毎週月・金曜日、第1・第3土曜日 Tel:048-799-3613)。

不育症とは何ですか?

不育症とは、妊娠はするけれど2回以上の流産・死産、もしくは早期新生児死亡によって児が得られないことを言います。通常でも流産は妊娠の10~20%の頻度で起こります。この頻度は加齢とともに増加します。年間の妊娠届出数や流産の頻度から考えると、毎年妊娠される方のうち、数万人は不育症の可能性があります。不育症は決してめずらしいものではありません。

不育症のリスク因子は様々で、夫婦の両方か一方に染色体異常がある場合のほか、子宮の形態異常、内分泌異常、凝固異常、母体の高年齢などが考えられます。適切な検査と治療が行われれば、高い確率で赤ちゃんを授かることができます。

しかし、不育症で最も多いのは、検査をしても何も異常がなく、たまたま赤ちゃんの染色体異常による流産を繰り返したと考えられるケースです。特段のリスク因子がなく偶発的に流産を繰り返した方が、カウンセリングなどの精神的支援を受けた結果、赤ちゃんを授かる率が改善したという研究報告もあります。(参考文献:「反復・習慣流産(いわゆる不育症)の相談対応マニュアル」)

埼玉県では不育症について電話や面接で相談できる窓口を設けています。流産や死産を繰り返す悲しみを一人で抱え込まず、是非、御相談ください。詳しくは下記リンクから健康長寿課母子保健担当ホームページを御覧ください。                             不育症に関する検査や治療、医療機関などについては、厚生労働省研究班のホームページをご覧ください。