1. HOME
  2. 子育てナビ
  3. 埼玉県の少子化の現状について

埼玉県の少子化の現状について

 現在、全国的に少子化が進展し、本県においても合計特殊出生率※は増加傾向にあるものの出生数の減少が続いています。
 少子化は、年金・介護・医療といった社会保障制度全体へ影響を及ぼすものであり、経済状況や労働環境、晩婚化、晩産化などの人々のライフスタイルなど様々な要因により生じているため、県民・企業・行政などが連携して取り組むことが必要な課題です。
  ここでは、県民の皆様に少子化の現状をご理解いただくために、少子化の状況に関する統計データを紹介させていただきます。
※合計特殊出生率…1人の女性が一生に間に産む子供の数の平均(15歳から49歳の女子の年齢別出生率(人口に対する出生数の割合)を合計して算出する。)

1 児童人口の減少

 本県における18歳未満の児童人口は、昭和60(1985)年には約168万9千人でしたが、その後、徐々に減少し、平成25(2013)年には約115万8千人となっています。
 また、総人口に占める児童人口の割合は、昭和60(1985)年には28.8%でしたが、平成25(2013)年には15.9%となっており、約6人に1人が18歳未満の児童となっています。

《児童人口と総人口に占める児童割合の推移(埼玉県)》image017
           
(資料:昭和60年~平成17年、22年 総務省「国勢調査」、平成21年、23~25年 埼玉県町(丁)字別人口調査)

2 出生数及び合計特殊出生率の推移

 本県における出生数は、昭和48年以降、昭和60(1985)年ごろまで減少を続け、一旦増加したものの平成12(2000)年から減少傾向にあり、平成25(2013)年の出生数は約5万7千人になっています。
 本県の合計特殊出生率を見ると、昭和60(1985)年から平成2(1990)年にかけて、1.72から1.50へと減少し、その後、減少し続けましたが、平成17(2005)年以降微増傾向になっています。平成25(2013)年は1.33で、全国の1.43を下回り、全国第40位となっています。

《出生数及び合計特殊出生率の推移(埼玉県)》image004                                                                                           (資料:総務省「国勢調査」、厚生労働省「人口動態統計」)

3 予定子供数と理想子供数

 平成22(2010)年における夫婦にとっての理想的な子供の数(理想子供数)が平均で2.42人であるのに対して、実際に持つつもりの子供の数(予定子供数)は2.07人となっています。

《予定子供数・理想子供数(全国)》image006
                    (資料:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査(平成4~22年)」、「出産力調査(昭和57~62年)」)

 また、予定子供数が理想子供数を下回る理由としては、「子育てや教育にお金がかかりすぎる」が第1位、以下「高年齢で生むのはいやだから」、「欲しいけれどできない」の順となっています。

《予定子供数が理想子供数を下回る理由(全国)》image008
                                                        (資料:国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査(平成22年)」)

4 未婚率

 本県における未婚率は、男女共に昭和60年以降、大幅に上昇しています。特に、男性の35歳~39歳は昭和60(1985)年の14.7%から平成22(2010)年には38.3%に大幅に上昇しています。また、女性の25歳~29歳の未婚率も、昭和60(1985)年の29.7%から平成22(2010)年には61.0%に大幅に上昇しています。 

①男性
image010
                                                                                                                            (資料:総務省「国勢調査」)

②女性
image012 
                                                                                                                             (資料:総務省「国勢調査」)

5 平均初婚年齢と第1子出産年齢の上昇

 本県における平均初婚年齢は、男女共に上昇傾向であり、夫の初婚年齢は平成2(1990)年の28.5歳から平成25(2013)年には31.3歳に、妻の初婚年齢は平成2(1990)年の25.8歳から平成25(2013)年に29.4歳に上昇しています。このことから、年々晩婚化進んでいることがわかります。
 全国の状況を見ると晩婚化を背景に、第1子出産年齢が平成2(1990)年の27.0歳から平成25(2013)年には30.4歳に上昇しています。

《平均初婚年齢の推移(埼玉県)》image014
                                                                                                                    (資料:厚生労働省「人口動態統計調査」)

《第1子出産年齢の推移(全国)》image016
                                                                                                                    (資料:厚生労働省「人口動態統計調査」)

6 少子化の影響

 少子化の進展により、本県の15歳から64歳までの生産年齢人口は減少し、平成24(2010)年の475万人から平成37(2025)年には429万人に減少すると推計されています。
 また、総人口に占める65歳以上人口の割合が増加し、社会保障に要する費用(全国)は、平成24(2012)年度の109.5兆円から平成37(2025)年度の148.9兆円へ増加すると推計されています。

《本県の将来人口の見通し(年齢3区分別)》image017 
                                                                                                                                            (資料:埼玉県推計)

《社会保障に係る費用の将来推計》image019
                                                                                  (資料:厚生労働省「社会保障に係る費用の将来推計について」) 

子育てナビ