1. HOME
  2. 結婚/婚活
  3. 婚活応援!情報
  4. 羽生市社会福祉協議会(結婚相談)

羽生市社会福祉協議会(結婚相談)

羽生市社会福祉協議会で数多くの結婚相談支援を行っている担当の荒木さん(会長)、木村さん、町田さん、渋澤さん、須藤さんに、昨今の結婚事情のお話をうかがいました。
 
-結婚相談に来る方々はどのような方が多いでしょうか。

羽生市の結婚相談所には、男女合わせて200名程度の方が登録されていて、男性・女性とも30代の方が多いです。
男性は、サラリーマンの方が多く、農村地の割には農家の方は少なく、「実家は、農業をしているが、自分は、したことが無い」という方が多いように感じられます。
また、初婚の方、再婚の方、両方いらっしゃいます。中には50歳代で初婚の方で高収入でも、なかなか女性と出会う機会の無かった方などもいらっしゃいます。

登録にあたり、男性は、羽生市の人口増加のために、羽生市在住、または在勤の方限定としています。一方女性の登録には制限がなく、都内や他県からも登録にいらっしゃる方もいます。また、3年に一度登録をリセットし、結婚意思の再確認をしています。

また、羽生市結婚相談所主催で、年数回パーティーを開催していて、毎回30%以上のカップルが成立し、さらに結婚に至るカップルも多数います。


結婚相談員の方々(左から町田さん、渋澤さん、須藤さん、荒木さん(会長)、木村さん)

 
-羽生市の結婚相談の特徴を教えてください。

羽生市では、個人情報保護の観点から、初回登録時には、初婚・再婚、家族構成、年収等詳細な情報を記載する箇所はありません。しかし、登録後は、一人ひとりに担当の相談員さんが付き、本人の許可を得て後で詳細をお聞きしています。
また、お見合いの前には、極力写真を見せないようにしています。写真だけで人を選んでしまって、実際に会ったときに「全然印象が違う」ということが多く感じられるからです。
お見合いの前に、写真を見ただけで断ってしまう方もいらっしゃいますが、まずは、本人に会って話をすることが一番です。


結婚相談員が集まる定例会議の様子

羽生市では各地区から選ばれた結婚相談員が19名いて、各相談員が複数の登録者を担当として受け持っており、1ヶ月に1回、結婚相談員全員が集まり定例会を開催し、1ヶ月間にあった内容の情報共有をし、次回のお見合い相手などを話し合います。

なお、現在の羽生市長は、市の人口の増加について力を入れて取り組んでいることもあり、結婚が成立した方には、結婚式に市長より祝電と記念品を贈呈しています。

 
-昨今の未婚者の交際や結婚に対する考え方の傾向を教えてください。また、相談者へはどのようなアドバイスをされてますか。

以前と違い最近は、男性の多くは共働きを希望される方が多いのですが、さほど高い理想を持っているようには感じられません。
女性については、学歴や勤務先、給与面はしっかり考えていて、特に最近は男性の雇用形態(正規雇用なのか非正規雇用なのか、勤務時間帯は日中なのか夜間なのかなど)を気にしている方が多くいます。そのため、お断りの話は女性の方から出ることが多いです。
また、結婚後は、同居だけでなく、2世帯住宅も嫌われる傾向があり、少なくとも同じ敷地の中で別棟を作ったり、一時的にアパートを借りたりする方が多いように思います。

相談員は、お付き合い中に基本的に1回は、相談に乗りますが、行き詰まりのあるカップルには、随時相談に乗ります。相談内容で多いことは、男性がおとなしすぎるというものです。

男性登録者には、女性に対して慣れていない方が多いように思われます。職場に女性が少なかったり、女性と話す機会を持っていなかったりと。とても真面目なのですが、年齢も高い割には初めての恋愛という方も多くいらっしゃいます。そうすると、やはり、女性にとっては話が続かない、リードしてくれないということになってしまうようです。
男性からすると緊張して、何を話したらよいのか分からず、舞い上がってしまうという人が多いようです。

相談者の方々にはよくお伝えすることですが、「相手の良いところを見つけてください」「良いところがあれば、褒めてあげてください」というアドバイスをよくしています。悪いところばかりをみても何も始まりません。まずは、お付き合いをしてみて、一歩一歩、前に進んでいくようにした方が良いと思っています。

 
-未婚者に対するアドバイスや秘訣をお願いします。

お見合い時の第一印象は大切だと思います。清潔感や真面目、おしゃれなど、ちょっとしたことでだいぶ違ってきているようです。
また、お互いに話をする中で、同じ価値観を持った方同士の場合、やはりお付き合いもスムーズで、自然と会う回数も多くなるようです。

一方で本人の代わりに両親が登録に来たり、パーティーの申し込みに来る方がいらっしゃいます。心配される気持ちはよく分かりますが、一番大切なことは、相談者本人が早く結婚を希望しているかです。

また、相手に対して高い理想や大きな希望を持ちすぎている傾向がありますが、1つでも良いところを見つけていき、それから、二人でいろいろ作り上げていくのも良いのではないでしょうか。

うまく女性をリードできていない方が多くいらっしゃいますが、羽生市結婚相談所では、パーティーの前に、男性には自分から話しをすること、女性をうまくリードする方法についてのアドバイスをし、女性には、1つでも相手の良いところを見つけるアドバイスを実施しています。
一歩前に出て行動するだけで、良い結果につながることが多いように思います。

 

基本情報


羽生市社会福祉協議会

施設名:羽生市社会福祉協議会

所在地:〒348-8601 埼玉県羽生市東6-15(羽生市役所内)

電話番号:048-561-1121

FAX番号:048-562-2151

ホームページ